assistant

エネルギー

冷房をつけました。文明の利器っていいですね・・!
先日ホーム○ス中学生を見ました。

お母さんが亡くなって、
お父さんが消えてしまって、
しばらくは気がはっていたけれど。
少し生活が落ち着いてきたころ。
主人公は独りぼっちだ、と生きている意味を見失って・・
彼にはお兄さんもお姉さんもいて、優しい友人や親身になってくれる大人たちもいたのだけれど。

友人のお母さんが亡くなって、
生きていく意味なんてあるのか、
とか、独りぼっちだって思ってしまうのですね・・
黒男少年はいかばかりか、と思います。
黒男少年もお母さんが亡くなって、お父さんは自分たちを捨てて、
自分の体は思うように動かず、
自分の姿を見た級友たちは皆自分を恐ろしいものでも見るような目で見るようになり・・
そこから立ち上がった黒男少年は逞しいと思います。
復しゅう心というのは強いエネルギーを生むのですね・・

ただがんばれと言うだけではエネルギーが足らない、
病気を治したい、よくなりたい、と思うには何か別の働きかけが必要だ、
と自分の経験上BJは思うようになったのでしょうね。
優しく諭されるだけでは不足だ、
なんだこのやろう、お前なんか、
という怒りの感情のほうが強いエネルギーを生むのでしょうか。
甘んじてその役を引き受けるBJって・・!
ピノコと出会うことができてよかったなあと思います。


PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する