assistant

トリトン

今更ながら「海のトリトン」を読みましたv・・1巻と3巻だけ・・すみません、某古書店で。。
youtubeでトリトンのOPを見たりとかこのところトリトンに縁があって、そんなときに見かけたので手にとったのですが、
いやー、アニメで見てたお話と随分と印象が違って話に引き込まれました!
「0マン」を読んだときも思ったのですが、
子供漫画と思っていたものでも中身が濃いですね!相手は子供だし、子供向けにカンタンに描いてるとか、そんなことはまったくなくて、なんだろ、何か力強いメッセージを感じます。わくわくしますね。手塚先生からエネルギーをいただいてる感じかします。
私BJが好きではあったのですが、
手塚作品って、なんていうか普通に回りにあったので、(昔はアニメで色々放送されていたので・・すみません。。)
そのころはとくに原作も読んでみよう、とか思わなかったんですね・・
物凄く勿体無いことをしてました・・本当に馬鹿だったなあ・・!
しかしですね、マンガを置くために片付けた棚がまたいっぱいになってしまいました・・困ったものです☆

以下腐った感想というか・・^^@
例によって完璧にネタバレてますので、内容を知りたくないって方はご覧にならないでください、うまく隠して書けなくてすみませんm(__)m
あ、でもあまり本編にはふれてないのですが^^;




トリトンとピピ子ちゃんって、13歳も歳の差があったんですね!
トリトンが13歳になったころにピピ子は5ヶ月って!
トリトンはピピ子におっぱいを捜してあげたりおしめをしようとしたりして、まったくお父さん的なんですね。出会ったときって。
でもその生まれて5ヶ月のピピ子はトリトンのことを想って!綺麗にしようと髪をとかしたり髪飾りをつようとしたりして!
わあ!なんだよこれ!とか、例によってなんでもBJとピノコに結びつけようとする癖が出てしまいますって^^@
そんな、始めはお父さんと赤ちゃん、な関係だったはずの2人なのですが、
トリトン族は成長が人間と違って突然何歳か一気に大きくなるので、
まあそうじゃなくても13歳くらいの歳の差なんて大きくなれば気にはなりません。
3巻の頃にはピピ子はトリトンよりも先に大人っぽくなってるくらいで。
そんなピピ子にキスされてトリトン赤くなってるし^^@
でもって、突然子どもがほしくないか?とか!
展開早すぎですよね^^
まあその辺はやはり子供向けなんでしょう、本編には関係ないというか、子どもは必要な展開ですし。。
まあこんな始めはお父さんと子どもだった関係でも夫婦になれるんだ~vっていう私には嬉しい展開ですvv

本編は勧善懲悪、ってだけじゃない環境問題も絡めた内容で、
手塚先生のどの話を見ても思いますが、登場人物それぞれが魅力的で、
いや~手塚作品ってやっぱりいいですね!
と思いました^^


・・・しかし、こんなでいいのかな、私。。。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する