assistant

ピノコ2

ピノコについて考え出したら止まりません^^@

何度も同じ事を言ってるような気もするのですが^^;
BJにとってピノコは娘のようであり、たしかにお土産に「わがむすめピノコへ」と書いてピノコに怒られちゃったりしてますが、
でも自分で「娘です」とピノコを紹介したことはないですよね。
「助手です」
って紹介してます。
この助手、っていうのはどういうポジションなんでしょう?
ただの助手なら同居なんかしないと思うのですが。
だいたい簡単に他人に心を許さないBJが一緒に暮らしてる、ってのが高得点ですよねv(意味不明^^;
普段手術をするときでも、
よその病院の人に「助手をつけます」
と言われても「いりません」
と断ることの多いBJですから、
BJ専属助手って、そうとう高得点ですv(また☆
そうそう、ピノコは他の人の助手はしません。当たり前っちゃ当たり前ですけれど。
「医龍」を見ていて
「タイミングのいい機械出し」
という役があって、
これがピノコの位置かな、と思いました。
「メス」
パシッ
っていうこのタイミングとか、
BJが汗をかいたら汗が目に入る前にぬぐうその邪魔にならないタイミングとか、
血圧や心拍数を知らせるあうんの呼吸とか。
これがピノコはBJの呼吸にあわせて非常にいいタイミングで行えるわけですね。
某国皇太子さんも感心されてましたしv
で、何事につけてピノコはこういうBJの呼吸にあわせることができるんでしょうね。
なんだかんだうるさく言いながらも。

しかもBJはピノコをただの助手と思ってるわけではなく、
「あれはすばらしい助手です」
っていうこの紹介の仕方が嬉しいvと何度も言ってますが^^@
これはピノコを一人前の人間として考えてくれてるわけですよねv
まだ世の中に触れて日が浅いから未熟な部分はある、とは思いながらも。

とか・・・
久々にピノコスイッチが入ってしまいました^^@

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する