assistant

眞さん

りすこちゃんのファン大会のレポを拝見していて思ったんですけれど。
眞監督って、ご自分のブログでファン大会のこと触れていらっしゃいませんよね・・

ブログにファン大会のことを触れられないって、眞さんにとってファン大会はどんな出来事だったんだろう、と思っていました。
眞さんにとっては他にご自分の映像の仕事が今目白押しですから、
自分の新しいクリエイティブな仕事じゃないし、
という感じなのかな・・とか。
そしてりすこちゃんのレポを拝見して思ったのですが、
眞監督は自分でセリフを決められたんですよね・・?
生まれたばかりのピノコに
BJが「おまえさん」って言うのはおかしい、というようなことをおっしゃったようですが、
これって、眞さんは自分ではこのセリフは変だ、と思っても、
BJってこう言いますよね、
っていうことなのかな?
つまり見るもののほうに合わせて作っている、ってことでしょうか・・?

OVAを作られた出崎さんのインタビューを拝見するとよけいに、
「俺は手塚作品が、BJが好きだ、俺の思うBJはこんな男だ、どうだ、格好いいだろう!」
っていう熱い思いを感じるのですが、
眞さんの場合は、
「皆さんの思うBJはこんな人ですよね。せっかくBJをアニメ化するんですから、皆さんの好きなBJを見せてあげたいんです」
っていう穏かな雰囲気で、熱いメッセージは出崎さんほどは感じないといいますか・・
でも、これはゴールデンタイム、という時間帯のせいかもしれません。
BJ2Dの映画は「格好いいvv」って思いましたし、
先日再読したBJマガジンに載っていた眞さんのマンガは独特の雰囲気がありました。
眞さんはホラーがお好きとのことで、画面も暗めで
BJもピノコも年をとっていて、BJは足を悪くしていて。
もし眞さんにまったく好きなようにBJを作っていい、となったら
今の・・というのは30代のBJはどんなふうに動くのでしょうか・・
きっと眞さんってものすごく気を使う人なんでしょうね。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する