assistant

辰巳先生

先ほどリンクさせていただいた御本の辰巳先生ですが。
いいポジションにいらっしゃいますよね。

何度も言っているように、私はやがて大きくなったピノコが本当にBJの奥さんになれるといいな、と思っているのですが。
それまでには長い年月が必要だと思っているので、別に他のカップリング本も見ることができます。
最後はピノコで、というのが私の希望です^^@

BJって孤独だ、と言いながらも結構友人に恵まれてますよね。
小学生のときはタカシと間久部。
中学生のときはナッちゃん。
高校生のときはゲラ。
大学生のときは辰巳先生。と手塚先生?^^

この辰巳先生はBJの心に踏み込むでなし、さりげなくフォローしてくれる・・というか、してもらってる、というか^^
きっと黒男青年にとって居心地のいい友人だったんだろうな、と思います。

けれど自分ではこれ以上は何も考えられません。
どのカップリング本も見ることはできるのですが、自分でぼーっと考えるとしたら、どうしてもピノコとのことになってしまいます^^@
なんでこんなにピノコのことが好きになっちゃったのかな。
二次創作の世界を知るまでは、こんなこと考えもしなかったのに・・
それまでは原作どおり、あのままあの時間のままピノコは小さいままでBJとひっそりと時を重ねてゆくのだろうと思っていたのですが。
以前にも言ったかと思いますが、
その時の止まった「ブラックジャック」の世界が二次創作の世界を知ってからは再び動き出したようで嬉しいのです^^

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する