assistant

眞さんv

今日は記念館に眞さんのお話を聞きに行ってきました!
眞さんはお父様にそっくりでしたv

今日は朝からいいお天気でv
10:30にいつもの場所で待ち合わせていざ宝塚へです!
ついてすぐ駅で早めのお昼ご飯を食べました。おそばを食べたのですがおいしかったですvそこでは生のわさびが1本ついていて、余った分はお持ち帰りどうぞ、ということだったのでちゃっかり持ち帰って夕ご飯で使いました^^生わさびなんか滅多に使わないのでなんか嬉しかったですv
そして記念館へ。

今日は夏休みも始まっているからか記念館もたくさんの方がいらしています。
入館したところでさっそく講演の番号札をいただきました。
早めに行ってよかったです!
時間までに先に展示を見に行きました。
今日の展示は、「手塚治虫 原画の秘密」展です。
Image0253.jpg


Image0257.jpg


同名の本も持っているのですが、
本に載っているのと同じ絵が見れて感激でしたv
前回の展示ではベルバラの原稿の展示だったので、今回は手塚先生の原画が拝見できて嬉しかったですvこの本に載っている裏面も見れるようになっていましたv

駆け足で展示を見た後はアトムビジョンの前へ。
今まで2回参加したときとは比べ物にならないくらいの人数です!
番号札順に中へ。早く来てよかったですv
補助椅子まで置いてあります。

そして、とうとう眞さん登場です!
手塚先生にそっくりです!
話し方もおっとりと優しい印象ですv


手塚先生のことをよく漫画の神様と言われるけれど、そのように言われるのはあまり好きではない、とのお話から。
手塚先生は努力して、苦しんで漫画を描いたのだから「神」ではなく「天才」と言われるほうがいい。
漫画に命を捧げて、さぼらず、たくさん描いていました。
ただ描くだけでなく、もっとよくなるはずだ、と描き直しもしていました。あるときは印刷所にまで押しかけて原稿をもどしてもらっていました。
だから手塚治虫の原稿は絵は美しいけれども汚れている。気に入らないと上から紙を張って何度も描き直される作品もある。
一日のほとんどの時間を漫画を描くことに費やして力を使いきった、と。
あれほどこんをつめて漫画を描かなければもう少し命も長らえたのだろうけれど、でもあれだけ漫画を描けてオヤジも満足だっただろうな、という雰囲気でした。
お話を伺っていて、眞さんがあれだけ忙しかったお父様のことを認めて受け入れて尊敬していらっしゃる、というお気持ちが伝わってきました。

また手塚先生以前の漫画は日常のほのぼのとした内容が多く扱われていたのに対し、
手塚作品は漫画に文学を持ち込んで深みをだし、漫画に感動を持ち込んだ。
広い視野を持って、映画や宝塚的なものを漫画に取り入れた。

手塚先生はたくさんの話を作ったけれど、
これがどうして可能だったのかというと、
例えば学校から家に帰って、今日の出来事を話すのに、
始めは実際にあったことを話しているのですが、いつのまにか内容が変わってくる。
そのように、相手を楽しませようと、作り話が好きな子どもだったのだそうです。
そして好奇心が旺盛でよく本も読んで色んなことを思いついた。

ご両親が漫画好きだったので、小さい頃から兄弟で絵を描いていたそうで、
そのとき、布団に腹ばいになって漫画を描いていた。
だから生前の手塚先生も布団で腹ばいになって漫画を描くこともあった、それは疲れて眠くなったらしばらく眠るためでもあるけれど、
この布団に腹ばいになって絵を描くというのは手塚先生にとっては全然つらいことでなく、普通のことだった。
それに慣れていたため、
実際の仕事机も少し高めに脚を足し、
ペンも顔の近くで描くために、後ろの部分を切っていたそうです。

手塚先生の作品のテーマの、命や環境を意識したのは子ども時代。
昆虫好きの子どもが虫をとりにいくのに、
今年はなぜか虫が少ない、それはなぜだ、というと、
近くで宅地造成が行われたからだ、
という、そのことから自然や環境問題に目を向けていった、とのお話も。

また手塚先生は一度にたくさんの連載を抱えてストレスを感じなかったのか、というと、
例えば「ブラックジャック」を描いていてストレスを感じると、今度は「三つ目が通る」を描く、それがストレス発散になる。
手塚先生は漫画を描くのが生きがいだったと。

そして眞さんは手塚先生の息子に生まれて幸せだった、プレッシャーはない、とおっしゃっていました。


さてここから質問タイムです。
・夏休みの思い出は?
正月や夏休みなど、手塚先生は家族旅行に行こうとされるのですが、やはり仕事が忙しくて、家族に先に行っていて、ということになる。一日目、二日目と来なくて、もう帰るよ、というころやっと来られる。
忙しいから家族はないがしろに、というのでなく、この気持ちが嬉しかった、というお話でした。
そしてこのとき、お父様を「優しい天才」と表現されました。

・もしお父様が生きていらして一緒に仕事をするなら?
悔しがりなので、いい映画を作ってジブリと競争しようとしたんじゃないか、とのお答えも^^
これはありえそうですよね♪そして、ぜひ実現していただきたかった・・・!!
内容は、今世の中はデジタル化されていますが、いきすぎを訴えるものとか・・
これもありそうですよね。

・眞さんが映画をつくられるとしたら?
自分は怪獣映画がすきなので、日本を代表する、
「ゴジラ対7人の侍対アトム」みたいなものを、って♪
眞さん、本気そうでしたよ!?もし実現するとしたら、実写でできるんでしょうか!??
手塚作品では、「バンパイヤ」の名前が!
本当のところはどうなんでしょうか!?

っていうところで時間切れです・・・!!
あーーー!アニメBJはまたやってくださらないのですか?とか、
以前実写でBJの映画を作る話があったと伺ったのですが、それはもう作られないんですか?また以前話が持ち上がったときは、誰をBJに演じてもらうおつもりだったんですか?
って聞きたかったのですが・・・!
残念です!

眞さんはまたこのような機会があったら、とおっしゃっていました。
また来て下さらないかなーーー!

こうして眞さんは帰ってしまわれました・・・
80分くらい話してくださったでしょうか。
以前の方の講演は50分くらいだったと思うのですが。
長い時間眞さんありがとうございました!!!
また記念館に来てくださると嬉しいです!
・・・と、ここで言っても、ね^^@
だって、お礼が言いたいじゃないですか!
もう気持ちをこめて、最初と最後は思い切り拍手をさせていただきました!



こうして講演も終わり、
今日は雛さんはご都合でこれで帰られました。
雛さんお疲れ様です!

その後3時から再びアトムビジョンで「緑の猫」を見ました。
未読、未見の作品がまだまだまだまだ一杯です!

その後お買い物~♪本日の戦利品v
Image0262.jpg

このピノコキャンディが欲しかったんですvピノコ可愛いvv
そしてこのポストカードも素敵ですよねvv新しい絵柄がたくさん出てましたv

今日は人が多くて椅子もあいてなかったので、本日はこれで記念館を出ました。
その後ミスドに移動♪
わたしミスドは久しぶりだったので、シェイクとか頼んでしまいました☆だから子どもだっていうんだ^^;
ミスドで色々お話を伺って帰途につきました。
途中で中島さんとお別れです。
中島さんお疲れ様でした!

ここで帰るかと思いきや、
チッタさんに梅田のコムサに連れて行ってもらいましたv
わたし実は初めてなんです^^@
今日はセールで目茶安くなってましてv
Image0263.jpg

リボンの騎士のタオルを2枚買いましたv
Tシャツはユニクロのもまだ着てないのが3枚もあるのでやめときました☆

そして最後はチッタさんともお別れです・・
チッタさんコムサに連れて行ってくださってどうもありがとうございました!


と、今日も楽しい1日を過ごさせていただきましたv
ご一緒してくださった雛さん中島さんチッタさんどうもありがとうございましたv

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

小粒さんすごいですね…私、マコちゃんに舞い上がりすぎて話の詳細がかなり記憶からぬけてってます(汗)
お話きいてたら、マコとルミとチイのとおりだったんだろうなぁという印象でした。バンパイヤやって欲しい…!!
すごく濃い一日だったと思います^^
そっくりでなんか嬉しくなりました。

ではではご一緒して頂き、先日はありがとうございました!

チッタ | URL | 2007年07月29日(Sun)22:34 [EDIT]


チッタさんこんばんはv
わたしも眞さんがあまりに手塚先生にそっくりで、おまけに目の前にいらしたので、最初はどきどきして顔があげられませんでした☆
そうそう、あの本のとおりだと思いましたよね^^またあの本を探します!
バンパイヤ、眞さんが監督をされたら、どんなふうになるでしょうね!?そして、実写だとしたら、ロックはどなたが!?
本当に何かやってくださらないかな!!
土曜日は濃くて楽しい一日でした♪こちらこそどうもありがとうございましたv

小粒 | URL | 2007年07月30日(Mon)00:06 [EDIT]