assistant

観て来ました♪

昨日ブッダ2を観て来ました(^-^)


いや~泣いちゃいました^^#
ヤタラよかったな~
アッサジもよかった。
今回シッダールタがアイシャドウしてなくて安心しました^^
囚われた王様たちもきらきらしてなかったから王宮ではお化粧してたのかな?って話になりました(^^♪
今回はよかったな~と思ったんですけど、ちょっと仏教勧誘アニメみたいだったかも・・^^;
あとはスジャータが普通のお嬢さんみたいだったのがちょっと残念でした。
原作のぴょんぴょん元気に飛び跳ねるスジャータが好きだったんです~
でも映画で描かれたのが本当のスジャータの姿に近いそうで、
エンディングに流れたお寺さんたちの意見が反映されたのかな~?と思ったり・・
声は松山ケンイチさん、よかったですね!
手塚映画では俳優さんを使うといつも残念な気分になるんですけど、
松山さんはご本人の姿が全然感じられなくて完全にタッタになりきってくれましたね!
これはとってもよかったと思います(^^♪
タッタの出番がもっとあったらよかったのに~
タッタといえば1で大きくならなかったのに2で突然大人の姿になったのをさらっと一言で流してくれちゃって・・
原作では普通に大きくなってるのを映画ではあんなことにしちゃったからっていちいち説明してられないってことでしょうか?
ヤタラのあの姿の説明とかも全然なかったですし、どんどん話をすすめていったって感じでしたもんね。
真木よう子さんは、そうですね~まあ少年の声は女性の声優さんがあてられることも多いからまあ悪くはないんですけど、真木さんを感じてしまいましたね。
声はやっぱり本職の声優さんがされたほうが安心して観てられると思うんですけど、これも大人の事情なのかなあ・・
大人の事情と言えばパパンですけど、まああれはしょうがないんでしょうね^^;

2はこれだけで独立して観ていられましたね。
1はプロデューサーさんがチャプラを好きすぎたのかな~と思ったり・・
はじめに三部作にするって決まってたのならチャプラの話にあれだけ時間を使うっていうのは他が圧縮されちゃうってことで・・^^;
でもまあそれがなければもしかしたらブッダを映画にしようってエネルギーにはならなかったかもですしね。
今回はある程度お客さんがはいっていたと思うんですけど、
でも上映時間が減ったってのはあまりお客さんがはいってないってことなのかな・・
できれば三部作の最終分まで観たいものです。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する