assistant

ブドリ



昨日は記念館に行ってきました^^
今度の企画展はエヴァってことで今回はちょっと・・と思っていたのですが
地下のアニメ工房でブドリを動かせるってことで
私は絵が描けないのでアニメ工房ってやったことなかったかもと思いつつの参加でした。
アニメ工房の机は下から電気がついて元の絵を写すことができるようになってるので
絵の描けない私でもなんとか写すことができました^^
元絵は5種類あって「一番簡単なのください」って言って
ブドリが目をあけたりしめたりしてる絵を写させてもらいました^^@
目ってこんなふうに描くんだな~とか
「ブドリの毛並を気持ちをこめて描きました」ってアニメーターさんのお話を伺って
なるほど輪郭をただまっすぐ描くんじゃなくて毛並をもふもふっと・・と思いつつなるべく元の絵のとおりに写そう・・とか
絵が描けない者にとってはどきどきの時間でした^^@
目があいたり閉じたりしてる絵を5枚描いてそれをパソコンにとりこんでアニメのように動かせるようになっていて
自分の描いた絵が動いたときはうれしかったです^^@
私めっちゃ力入れて描いちゃったのか一人で鉛筆が丸くなっちゃったとか言って鉛筆も削ってもらったりして・・
ほんと色々ありがとうございましたです!

そのあと手塚治虫伝のマンガ編だったかを観たのですが
最前列の男の子がアニメ工房で描いた絵をうれしそうに何度も上にあげていて
いつもだったら画面が見えないやん~とか思ったでしょうけど昨日は
そんなにアニメ工房楽しかったか、よかったね~とか思いました^^

エヴァ展は興味がない者にとってはなんでこれがここにあるのかな?って感じで
エヴァファンの方には700円も払ってもらってなんか申し訳ないような気がするようなで
手塚治虫記念館なんだから手塚作品で何かやってもらったほうがいいなあとやっぱり思ったのでした・・
エヴァファンの方はもうここには来ないかもですけど
あのアニメ工房で楽しんだ男の子はまた来るかもって思いますもん^^

その後CさんとMさんとご一緒していただいて
復刊ドットコムの本は基本的には雑誌掲載のものってことで
BJは医学的とか色々配慮が必要なものが多いから難しい作品は多いだろうけど
たしかに「ふたりの修二」が前編後編ってなってたのが気になってたので
これは買いなのかしら、とかこのところ買わないほうによってた気持ちがまたぐ~んと変わってきたのでした・・^^@

と、昨日はとても楽しい1日でした^^
ご一緒してくださったCさんMさんどうもありがとうございました!

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する