assistant

いつの日か

今月の記事少ないな~と反省・・
にぎやかしに先日書いてアップしなかった記事をあげてみます。
例によって例のごとくBJとピノコのことです^^@

ニコタでお話させてもらってBJとピノコのこと、久しぶりに色々考えました。
原作だけを読んでいたころはBJだけに目がいっていたのですが
この世界を知ってピノコってなんていいこなんだろうと気付くにつれ
こんないいこはぜひ幸せになってもらいたい、と思うようになってきました。
ピノコの幸せって何?と思うと
ピノコの願いー先生の奥さんになることーが叶うといいなあ・・と。
先生と同じ女医さんになること、はピノコが頑張れば叶えることはできますよね。
けれど、先生の奥さんになれるかどうか、
っていうのはBJ次第でもあるわけで。

何年かたって、ピノコが心身ともにBJが大人だと思えるようになったとして、
そのときBJはピノコをどう思うんだろう・・
原作の時点では「わがむすめ」って書いてピノコに怒られてましたが。
ピノコが書いたラブレターが自分宛だと知ってなんとも複雑な表情もしてました。
「あれはすばらしい助手です」ってBJがピノコのことをパートナーとして認めてくれてると思える嬉しい言葉もありましたv

さてピノコがまだ未熟で小さい子どものときはどんな関係なんだろう~といまひとつよくわからない状態でもいいのですが。
原作のピノコは幼稚園に通っていました。
幼稚園は2,3年通うとみんな小学校にあがります。
ピノコは戸籍年齢と少々ずれちゃうかもですが、少なくとも戸籍年齢6歳には小学生になりますよね。
以前にも言いましたが^^;
そうすると次は中学、高校とあがって、ピノコは医学部か看護学部に行くんじゃないかな。
そうしてピノコが一人前の女医さんか看護師さんになったら・・
って私はここまで待てるのですが、それってBJ一体いくつになってるねんて思うとちょっと長いかな~とも思いますね^^;

このとき、じゃなくてもいいんですが。
こうして頑張ってるピノコを見ててBJってどんなふうに思うんだろう・・
火の鳥生命編の青居とジュネみたく
娘と思っていても成長するにつれ気持ちは変わっていくんじゃないかってニコタでお話を伺って
そうなったらいいなあと思いつつ
そう思うかどうかがカップリングとしてBJとピノコを受け入れるかどうかってことかな~と思ったり。

私はもちろんいつの日かBJはピノコの気持ちを受け入れる、と思っています。
受け入れるってのがなんとも受身な言い方なのがいやなのですが。
BJがピノコをとっても大切に思ってるってのは間違いないんだけどな~
ともかくこの二人ってピノコが積極的に動かないと何も進展しないんじゃないかって思ってしまいます。
例えBJがピノコに恋愛感情を持ったとしてもそれは燃えるような気持ちじゃなくて静かな炎なので
ピノコの幸せを願うあまりBJからは動かないような気がして・・
なんでいっつもこんなふうに考えちゃうかな・・
SLのときの言葉と表情の裏腹さが不満ではあるのですが、
あの言葉通りいつの日かピノコはBJの奥さんになる、って思いたいです。
・・いつも同じ結論ですね、すみません^^;

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する