assistant

拍手ぱちぱちありがとうございます!嬉しいです^^@
昨日中学校の前を通ったらもう桜が咲いていました。三部咲きくらいだったでしょうか。大阪ももう咲いていたんですね^^@
原作を見ていて思うのですが、先生の家って模様替えされますよね。
ピノコが来る前と来てからじゃ家具の配置が違うってのはわかりますけど。
ピノコって模様替え好きそうですよね^^
これはこっちにあったほうが便利よのさ!
とかって小さいものならうんうん言いながら自分で動かしたりしそうです。
でもいかんせんあれだけ小さい人ですから。
「先生ー!このソファあっちに持ってってほしいよのさー!」
とかって先生に動かしてもらったりとかするのかな^^
その点アニメ版はわかりやすいです^^
けれど、暖炉がアニメ版はリビングにあるんですよね。
原作は暖炉のある部屋に仕事用の机があって、そこで診察もするんですね。
そこは外からすぐ入れる部屋のようで・・
原作のほうが部屋数が少ないのですね。
だいたいアニメは先生とピノコの部屋も別々だし!
それから、さきほどのソファですけれど。
原作の先生って28~33歳くらいの設定ですよね。
大学を出てすぐこの家をみつけたそうですから、住みだして4~10年くらいでしょうか。
それにしてはソファがぼろぼろすぎるんじゃないかと思うんですけれど☆
これってこの家にもとからあったものなんでしょうか?
それとも先生が中古で買ってきたのかな?
だいたい大学を出てすぐこの家を買った、ってことはまだそんなにたいした稼ぎがあったわけじゃなかったでしょうし。
それにしても家を買えたってだけでも凄いです!
現金かな、ローンかな?先生がローンを組むとかあるのかな^m^
丑五郎さんには現金払いですよね!
先生8歳のときからどうやって暮らしてたのかな~?といつも思うのですが、まだまだわからないことがいっぱいです。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する