assistant

「ピノコ西へいく」

先日「再会」を見るのに文庫8巻を出したので久しぶりに原作を堪能しています^^@
文庫8巻、素晴らしいラインナップですね~vvv
大好きな「殺しがやってくる」に「ピノコ西へいく」に「しめくくり」も載ってますやん^^@@
「誤診」もいいしvBJとピノコの色んな表情が見られる「発作」も♪BJのあっかんべーが拝める「道すがら」もあるしwww
って、全部並べる勢いですね^^;;
やっぱり原作はいいですよね~vvv今日は久しぶりに原作語りを。「ピノコ西へいく」に触れたいと思います^^@

新幹線に電車を乗り継いで移動するピノコ・・
今日はスーツ姿です。
へんなオッチャンが話しかけてきますが適当に無視します。
向かいの席のアベックがイチャコラお弁当がどうのこうの言ってます・・
次の停車駅でシューマイ弁当とお茶を買いに走るピノコ。
発車時間ギリギリになっちゃって、さっきのオッチャンにお茶をぶっかけちゃいます☆
が、それでもなんだかんだ話かけてきて・・
「ピノコ二十歳よのさ!!ばかにちないれ!!」
「そんなうそついたってだめだよ どう見たって七つ八つ・・・」
に怒ってお弁当をぶつけてしまいます☆強いぞピノコ^^

・・が、それはから元気というもの・・・
発端はクル病の患者でした。
かわいいわが子をなおすためにいろいろ勉強をし、ビタミンD他色々なものを与えた、と言う父親に、
「じゃああなた自身がなおしゃいい!
いっときますが
私はしろうとのくせに読みかじった医療をひけらかす患者はきらいでね!」
とご立腹です・・

これはなかなか難しい問題ですね・・
昔はこんな感じでしたよね・・
「先生におまかせします」
みたいな感じで・・
でも今は患者も色々勉強しますよね・・

BJの言葉に母親は怒りますが、父親は低姿勢でBJに手術を依頼します。
「二千万でひきうけましょう。
そのかわりとやかく口を出さないことです。この子がなおるまで!!」

BJが口を出すな、って言うのはおれのやり方を信頼してくれ、っていうことですよね。

手術をしますが半年たっても子どもの体は治らず父親は怒りだします・・
「・・かわいちょうな先生・・あんなにボヨクチョにいわえて・・・・・」
今たった一人で座席に座っているピノコのほうがよっぽどかわいそうですよ。。。

父親が、BJを無免許医とは知らなかった、告訴する!と叫び、
BJ邸に警察から電話がかかってきます。
「警察だが任意出頭してください」

丁寧ですね^^
訴えられたの、何度目でしょうか^^@
でも応対する警察はそれぞれ別の地域でしょうからBJのことは知らないでしょうか?
BJの地元警察に「BJって無免許医知ってる?」って問い合わせたりするのかな^^

「めんどうなことになったよ ピノコ」
とBJが白衣を脱ぐのを手伝うピノコv
BJは家で診察をするときも白衣の下にスーツを着込んでるんですね。
あれ?BJの洋服ダンスにネクタイが5本もかかってますよ!今もたまにはネクタイを締めるんでしょうかwww

「やむをえん」
とタンスからシャツ?を数枚取り出すBJ。綺麗にたたまれてますv
「ろこいくのよさ」
「に・げ・る」
って、なんか可愛い言い方ですねvv余裕まで感じられます^^@

でもそんなBJにピノコはびっくりです!
「ピノコもいっちょにいく!!」
「だめ おまえはこの家に残れ」
「いや!! 先生が心配よのさ」
「心配はいらん いずれ帰る」
「ピノコがじゃまなのォ」(ピノコ真剣な眼差しです!)
「ああ 足手まといだね」(ピノコアッチョンブリケ!BJそんな言い方しなくてもーーー!!!)
行き先だけ告げて一人で行ってしまうBJ-----
あーもう、BJの馬鹿ーーー<`ヘ´>
ん?行き先は「友だちの山小屋」ですって!?
それは誰ですか!!??
BJって結婚式に招かれたり同窓会に呼ばれたり山小屋を貸してくれる友だちがいたりと、ちっとも孤独なんかじゃないですよね!

一人ベッドで泣くピノコ・・
残されたピノコのほうがよっぽど一人ぼっちやっちゅうねん!
BJを見送るときは泣かずに我慢してさ・・・!もう、ほんまにBJのあほーーー!

ランプ刑事が家までやって来ますが気丈に追い返すピノコ!
「ピノコ・・ろうちても先生んとこいく!! 先生愛ちてゆもんね」
以前購入した縦長に映る鏡で8頭身姿を確認して、今に至るー

ーピノコよくきたね 待ってたよ
ーふたりれ遠くへ逃げゆのよね先生

「ピノコらっていちゅかシンコンリョコウすゆんだかや・・・」
一人妄想に浸るピノコ***
新幹線、電車、の次は雪深い中バス移動です。
恋する乙女パワーでピノコ頑張ります!
「遠阪峠」で下車。
さきほどからのオッチャン・・もといハム・エッグもこっそりついてきてます。
「ここやにね 髪の毛がくよくって しよくって 顔にツギのあゆ人すんれない?」
この言い方なんだか好きなんですよね^^@

ハム・エッグは警視庁捜査二課の石倉刑事でした。
和田山署に電話してます。
和田山って検索してみると、兵庫県朝来市和田山町・・たしかにBJが言ってた「兵庫県の北」ですね。
遠阪峠、を検索してみると、昭和52年に遠阪トンネルが完成、となってます。これは昭和51年の作品ですから、工事の様子などニュースでやっていたのを手塚先生がご覧になったのかもわかりませんね^^

ピノコが雪の中必死で雪の坂道を進んで行く間に石倉刑事は先にBJの所に辿りついてます★
患者が治ったため告訴は取り下げられた。相手を名誉キソンで逆に訴えることもできる、とー
「・・そんなまねはしませんよ。よくあることです」
と石倉刑事にコーヒーを差し出すBJ。
珍しくVネックセーターですヽ(´▽`)/
BJはさっさと帰り支度をして出て行きます。

そしてピノコ到着・・BJはいません・・泣きぬれるピノコー
「とうとうピノコの知やないところへいってしまったよのね 先生・・」
と、そこへBJ登場!ピノコ大喜びです!
「なぜこんなとこにいるーっ! かならず帰るから家で待ってろといったはずだーっ
おまえ刑事にズーッとつけられていたんだぞ 知らないのか!」
ピノコしょぼたん・・・

「さ・・これを着ろ 雪になるぞ」
BJのコートをかけてもらって嬉しそうなピノコ*****

いやーやっぱり原作はいいですね~*****


しかし、BJにとってはこんなこと「よくあること」で、いずれ患者が治って告訴が取り下げられるのはわかっているとしても、
なんでそれをピノコにちゃんと説明してくれへんのかなあ・・
昭和の男はそんなもんや、
ってとこかもしれませんが、今回のこれはちょっとかわいそうってもんですよね!
って、説明しないからこの話が見れるわけなんですけれど^^;

ところでこの話のピノコは他の話より大人っぽくないですか?服装がいつものピラピラスカートじゃないから、ってのもあるでしょうけれど、
山小屋にBJがいない、とわかったときの
「先生・・」
って泣くピノコの表情、って大人のそれだと思います!
さんざん怒ってもこんな所まで来てくれてBJも目茶苦茶嬉しかったでしょうね・・!
ラストの後ろ姿って仲睦まじい夫婦に見えます・・v私だけかな^^;いやこうして本物の夫婦になっていくに違いない!ってことで^^@@

また、この話では珍しくBJのセーター姿が拝見できるところもいいですよね^^@
家ではいつものお姿しか拝見できないのに、この話ではセーターを着てる、って、
ここは雪が降り積もってるけれどBJ邸の寒さごときはBJは平気ってところでしょうか?暖炉もありますしね^^
でもたまには家でスーツなどやパジャマ以外の格好はしないものなんでしょうか??
患者から連絡があったらすぐに飛び出せるように、ってことなんでしょうけれど・・・

それから、BJ邸にランプさんが来てましたね^^
ランプさんはBJ担当なんですね^^

・・・なんだか今回無駄に長くなってしまいました^^;
最後まで読んでくださってありがとうございました<(_ _)>

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する