assistant

映画

このところオフの行事に参加できず、お肌の調子も悪かったのですが、今朝起きたら吹き出物が治ってました。やっぱり発散せなあきませんね(^-^)
それでは軽く感想です。

たまきさんはとっても格好よかったです。うん、たまきさんはよかったと思います。色んな顔を見せてくれたし。原作の結城のほうがもっと色んな顔をするけれど。
やまださんは本当に影が薄かった…気の毒な位。インタビューでは原作を読み込んでくださってるようだったのに、原作は「巌」って名前らしい存在感ですけど、映画では「裕太郎」って・・・なんとも勿体無い感じでした。
その分存在感があったのが目黒さんこと沢木刑事。もしかして結城より目立ってたかもってくらい。最初から最後まで出ずっぱりでしたしね。
いしだゆりこさんもよかったな…好きなんですよ、いしださん^^MEGさんがいしださんは恵さんにどうかとおっしゃるのですっかり脳内で恵さんが事件の真相にたどり着けるか!?って変換されちゃって(仕事にかける姿がまたぴったりな感じで^^)、
だから最後の方、恵さん何してるん!逃げてっ!!あー……
ってなりました・・・あれは確かに年齢制限つきますね、レイトショーで見るにはしんどかったです。画面も揺れるし。
見終わって、
結城の賀来に対する態度がやはりちょっとひっかかるよね、という話になり。
結城のセリフとかは映画としては格好いいんだろうけど、でも結城が賀来にそんなことは言わないだろう、と。大体最初にだって、「君は僕を裏切らない」とか言ってたやん・・
でもこうして手塚作品についてああだこうだ言えるって何もないより断然いいよね!と本当はもっと何だかんだ言いたかったのですが何しろレイトショーなので電車に走りました。
面白かったと思います。手塚先生の言いたい事の半分も言えなかったけれど、とも思いますが。でもこれはMWに対する気持ちの持ち方によっても違うのでしょうね。もしこれがBJだったら、私は「先生はこんなんじゃない!」って怒り狂ってたかもわかりません。
あらためて手塚作品は濃いなあと思いました。
とりあえず映画の小説本を買ってきたので読みたいと思います。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する